VOICE 人・社風を知る

洋紙営業本部
営業担当

T. W.
2017年度入社

音楽が大好きで、毎年、夏はロックフェスなどのイベントに出かけるのを楽しみにしています。社内に共通の趣味を持つ同僚も多く、冬は一緒にスノーボードなどに出かけることも多いです。当社は、社員同士で自発的に行われるイベントが盛んで、私自身そういった集まりが好きなので、休日もとても楽しく過ごせています。社員が皆で一緒になって楽しむ姿勢が会社の風通しの良さの元になっているのかなと思います。

Q1
はじめに、数ある企業の中から、旭洋を選ばれた理由を教えてください。

元々、私は商社を志望しており、知り合いの先輩が当社で働いていたことが、志望のきっかけと言えます。もし商社に入るなら、身の回りにある日常に近い商材を扱ってみたいと考えていました。食品、飲料のパッケージ、段ボールなどの産業資材、雑誌、書籍用の出版用紙など、日常生活に密接な商材を取り扱っていることを知り、当社に興味を持ちました。説明会参加後も印象は変わらず、自分の望む仕事ができそうだと感じられたため、応募しました。
内定が出た後に、人事部長と1対1で話をする機会を設けていただき、色々と自分の想いを伝えることができ、風通しの良さを感じたことから、入社を決めました。また有給休暇や家賃補助など、福利厚生面もしっかりしていて、働きやすそうに思えたこともポイントでした。

Q2
実際に入社してみて、一番に感じられたことは何でしょうか。

入社してまず感じたのは、研修期間もそうでしたが、先輩、上司に限らず、社内でのコミュニケーションが取りやすく、皆、物事を前向きに考えるという点ですね。これは同僚に聞いても同じなので、私だけが特別にそう感じているという訳ではないと思います。上手く言えませんが、誰もが仕事に対し共通する意識を持っていて、このような企業風土が根付いているのではないかと感じています。
入社からすでに3年となり、自分もその風土にどっぷりと浸かっていますが、とても居心地が良く働きやすい環境であることは間違いないです。

Q3
担当している仕事の面白い、やりがいを感じるところはどこでしょう。

私は、出版社などのお客様に紙を販売する出版用紙課で営業を担当しています。在庫管理や調整等も含め、紙に関わる幅広い業務を行っています。創刊や既存誌が改訂する際に、お客様のご要望を伺い、最適な紙を選定しご提案することは、大変興味深いです。自ら提案した紙が書籍となって店頭に並ぶ姿を見ると、大きな喜びを感じますね。
ただ、紙は決してオンリーワンではなく、同じ紙を同価格で扱う競合他社が数多く存在します。このような環境において、どうやって当社を選んでいただくかがポイントとなります。そのためには、自身が紙の専門家として常に情報と知識を備え、お客様から継続的に信頼いただくことが大切です。電話やメールではなく、定期的にお伺いして会話を重ねることも大事な要素であると考えています。

Q4
これまでの仕事で印象に残るエピソードなどがあれば聞かせてください。

先ほどの紙はオンリーワンではないという話にも通じるのですが、以前、私が担当するお客様が新しい週刊誌を発行する際に、使用する紙を提案する機会がありました。その際、他社も同じ紙を同価格で販売するという状況でしたが、最終的に当社を選んでいただけました。このときに、手前味噌ではありますが製品を越えた先の「自分」という人間を選んでいただけたことを、とても嬉しく思いました。

Q5
これからの目標を聞かせてください。

新人の頃は、先輩や上司と一緒になって仕事をしていましたが、現在は3年目になり、任せていただける業務も増え、自らの判断で動くことが多くなりました。とはいうものの、単に目前の業務をこなすだけでなく、将来的には、先輩が担当しているお客様も、いつかは自分が担当し新たな仕事を作り出せるようになりたいと考えています。
何年か経験してみて、この仕事は、人と人との信頼が大きな絆になると今まで以上に感じています。部署の先輩、上司のようにお客様、メーカーと良い形の信頼関係を創りあげられるようになることが、大きな目標ですね。そのためにも、これまで以上にお客様やメーカーと積極的にコミュニケーションを取り、経験を積むことで自分自身を成長させていきたいと思います。

就職志望者の皆さんへ

人と話すことが好きな方や、色々なことに好奇心を持つ方であれば、
この仕事は合っているのではないかと思います。ぜひご応募ください。

会社の社風が合うか合わないかは、やはり個人的な感覚が大きいかと思いますが、私自身は、コミュニケーションが取りやすく、何事にも前向きに取り組む企業風土が、自分にとても合っていると感じています。たとえ今、紙やパッケージに興味がなくても、人と話すことが好きな方や、色々なことに好奇心を持つ方であれば、当社は合うのではないかと思います。興味を持たれたら、ぜひエントリーしていただきたいです。